gettyimages-1022278100-612x612_edited_ed

博士(自然医学)専門コース:予定

専門課程:Philosophy Dctor Course

対象講座(Ph.D(NM))

世界自然医学大学院大学アジア日本校

統合腫瘍学:

(キャリア形成社会人向け特別コース)第一弾

統合腫瘍学学術修了証書について
ガンの様々な治療オプションの長所と短所を理解するために:すべての医療従事者、ガン患者、および健康科学の学生のための最前線の科学ベースのコース。
ピーターHケイ博士による。 (オーストラリア人、現在イギリス在住は分子病理学者、免疫病理学者および癌専門学者)。

コースについて
このユニークなコースは、すべての医療従事者が、癌に苦しむ人々に待望の救命情報とサポートサービスを提供できるように準備されています。このコースには、ガンの発生、進行、治療に影響を与える要因についての簡単に理解できる情報と、基本的な食事の考慮事項が含まれています。このコースは、ガンの基本と代替治療の長所と短所についてさらに理解したい患者にとっても大きなメリットがあります。

 

化学療法、ならびに放射線療法および外科手術は癌の最前線の治療であり続けますが、多くの化学療法薬は、血流に吸収された場合、患者に役立つ前に特定の酵素によって活性化される必要があります。 場合によっては、患者が薬剤を活性化する特定の形態の薬剤活性化酵素をあまりにも早くまたはあまりにゆっくりと受け継いだ場合、化学療法薬は非常に有害である可能性があります。 さらに、一部の患者は、一部の化学療法薬の代謝に関与する遺伝子の種類を受け継いだ場合、深刻な危害を加えたり、死亡したりすることもあります。

​​すべての癌症例の約半分の癌細胞は、多剤耐性を発症します。これが起こると、化学療法薬は効きません。このコースでは、多剤耐性のメカニズムと重要性について説明します。
化学療法または放射線療法の有効性を決定することに関する別の重要な考慮事項は、TP53と呼ばれる遺伝子の遺伝的状態に関係します。すべての癌細胞の約半分が変異型のTP53遺伝子を発生させています。最近の研究では、TP53の変異型が存在すると、化学療法や放射線療法の効果が低下する可能性があることが示されています。 TP53遺伝学に関する影響については、コースで詳しく説明します。

 

近年、免疫系の要素を利用することにより、注目に値する新しい治療法が開発されました。これらの免疫ベースの治療
化学療法と放射線療法に関連する問題の多くを回避します。このコースでは、CAR-T細胞療法や免疫チェックポイント療法など、免疫に基づく新しい抗がん治療について詳しく説明しています。

 

特定のウイルスが癌の発症の原因であることは現在明らかです。 驚くべきことに、癌を治すことができる1つの特定のウイルスが発見されました。 コースでは、癌の発生と解消に関するウイルスの役割を紹介します。
 

多くの癌細胞は、標的とすることができる異常な代謝経路を発達させます。 このコースでは、食事療法の変更や、このガン細胞に特異的な代謝経路または解糖経路に対抗するために適用できるその他の方法を参加者に紹介します。
 

私は過去と現在の進歩に基づいてこのコースを準備し、患者、開業医、科学の学生に幅広い遺伝的、生化学的、代謝的および免疫学的情報を提供して、ガンの発生、進行、治療の多くの側面を理解できるようにしています。

Dr. Peter H Kay

◎DIPLOMA IN INTEGRATIVE ONCOLOGY.

 

統合腫瘍学学術修了証書コース

2020年4月より受付開始

*€(ユーロ)1,000

当校を通じて連絡を差し上げます。

*当校を通じて先生と直接に手続きをしてください。

​当校の費用はありません。

  • Black YouTube Icon

テレワーク実施中

Under telework

jnms@ace.ocn.ne.jp

jnmsmed@gmail.com

icsa@rapid.ocn.ne.jp

Telephone:

090-9622-4321

+81743-84-5661

+81743-84-6636

UN NGO International Career Support Association
Recruitment of sponsors for the World Women's Career Award at the EU UN Headquarters
!

日本自然医学会国連NGO国際キャリア支援

​​EU国連本部にて世界女性キャリア賞主宰スポンサー募集!

© 2017-2025 30th anniversary by UN-NgoICSA ( WONM Graduate University Asia Japan School)